会長
 一般社団法人日本私立獣医科大学協会(法人私獣協)は、わが国の獣医師養成を担う私立5大学(麻布大学、北里大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、酪農学園大学)が加盟する法人格を持った団体として2015年に誕生しました。
 わが国には国公立を含めると16の獣医科大学があり、毎年、約1000人の獣医師が誕生しています。しかし、そのうちの約7割に近い獣医師はわれわれ私立獣医科大学によって養成されており、社会の至る所で活躍しています。
 本法人は各大学から1名の代表者(社員)と2名の理事から構成され、獣医学教育の推進を目的とした事業計画を具体的に立案し、実行のための環境作りに邁進しております。新法人には、四つの組織を設け、それぞれに教育分野担当理事、研究分野担当理事、教育行政分担当理事、渉外担当理事を置き、恒常的にこれからの課題について整理し、改善の目的、計画、実行を取り進めています。また、必要に応じ、各種委員会を立ち上げ諸々の課題に対応する仕組みを構築することにしています。
 ご案内の通り、わが国の大学教育は大きな岐路に立たされています。社会が求める大学の姿をいち早く汲み取り、かつ世界水準を視野にいれた獣医学教育の計画、実行に戦略的指導力を発揮できるかどうか、会員の創意工夫が求められています。

一般社団法人 日本私立獣医科大学協会
会長 谷山弘行




TOPへ